読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Daily Scripture Reading

聖書(新改訳)を読んでます

来て、そして、見なさい

 

ナタナエルは彼に言った。「ナザレから何の良いものが出るだろう。」ピリポは言った。「来て、そして、見なさい。」(ヨハネ1:46)

 


イエス様が救い主だと信じられないナタナエル。

 


ピリポは彼に「来て、見てごらん。そうしたら分かるから」と言いました。

 


イエスは答えて言われた。「あなたがいちじくの木の下にいるのを見た、とわたしが言ったので、あなたは信じるのですか。あなたは、それよりもさらに大きなことを見ることになります。」(ヨハネ1:50)

 


ナタナエルは、イエス様を見て、信じました。

 


それから三日目に、ガリラヤのカナで婚礼があって、そこにイエスの母がいた。(ヨハネ2:1)

 

 

ここでイエス様は、水をぶどう酒に変える奇跡を行いました。

 


イエスはこのことを最初のしるしとしてガリラヤのカナで行い、ご自分の栄光を現された。それで、弟子たちはイエスを信じた。(ヨハネ2:11)

 

 

弟子たちは、イエス様が救い主キリストだと信じました。

 


しかし、一番、心の深いところで信じられたのは、ナタナエルだったのではないかなと思いました。なぜかというと…。

 


ガリラヤのカナのナタナエル (ヨハネ21:2)

 

 

カナは、彼の故郷です。婚礼には、きっとナタナエルの友だちや知り合いがたくさんいて、イエス様のぶどう酒を飲んだことでしょう。

 


それからトマスに言われた。「あなたの指をここにつけて、わたしの手を見なさい。手を伸ばして、わたしのわきに差し入れなさい。信じない者にならないで、信じる者になりなさい。」(ヨハネ20:27)

 


ご自身を救い主だと信じること。それをイエス様はどの弟子にも強く願っておられます。それは、むかしもいまもこれから先も同じ。

 


そのように、信仰は聞くことから始まり、聞くことは、キリストについてのみことばによるのです。(ローマ10:17)

 

 

私たちが、福音を見たり聞いたりしたときに、カナでナタナエルに信じる心を与えてくださった方が、今このときも、イエス様が私たちの救い主キリストだと信じる心を与えてくださいますように。

 


そして、永遠のいのちに満たされて、輝きながら毎日を過ごす私たちでありますように。

 


私たちの主イエス・キリストの御名によって、お祈りいたします。

 


amen (^^)

 

f:id:cornelius1732:20160720203409j:image