Daily Scripture Reading

聖書(新改訳)を読んでます

みことばを思い起こす恵み

 

また、鳩を売る者に言われた。「それをここから持って行け。わたしの父の家を商売の家としてはならない。」(ヨハネ2:16)

 


過越の祭りは、巡礼に来る人たちにささげ物を売る商人たちにとっては、かき入れどきでもありました。

 


ところがイエス様は、その人たちを追い出してしまいました。神の家であるはずの場所が、商売の家になっていたからです。

 


弟子たちは、「あなたの家を思う熱心がわたしを食い尽くす」と書いてあるのを思い起こした。(ヨハネ2:17)

 


弟子たちは、イエス様のなさったことを、詩篇のみことばを通して知りました。

 


それは、あなたの家を思う熱心が私を食い尽くし、あなたをそしる人々のそしりが、私に降りかかったからです。(詩篇69:9)

 


この詩篇は、「苦難の詩篇」と呼ばれていて、神を深く愛することが、みことばの意味を悟らない人々のそしりに結びつくことを意味しているそうです。

 


しかし幸いなことに、弟子たちはイエス様のなさっていることの意味を思い起こす恵みにあずかりました。

 


しかし、あなたがたの目は見ているから幸いです。また、あなたがたの耳は聞いているから幸いです。(マタイ13:16)

 


イエス様の弟子とされた人たちは、みことばの本当の意味を理解できるようにして頂けます。

 


世が暗く、混迷してくると、あらゆるところに混乱した言葉が満ちあふれてくることでしょう。

 


主のみこころと離れた目的で、聖書のみ言葉が用いられるようになるかもしれません。

 


しかし、そのようなときに、神のみことばを正しく悟らせて頂いて、世に流されない主の弟子とされた人たちは、本当に幸いです。

 


世をも、世にあるものをも、愛してはなりません。もしだれでも世を愛しているなら、その人のうちに御父を愛する愛はありません。(ヨハネの手紙第一 2:15)

 

 

 

世に満ちる言葉とは違った、イエス様の視点が求められています。道徳的な視点だけでは一致しない、神のみことばの世界に生きるものの視点です。

 


そこで、イエスは、聖書を悟らせるために彼らの心を開いて、こう言われた。(ルカ24:45-46)

 


私たちと共に歩んでくださる主が、私たちの心を開いて、聖書を悟らせてくださいますように。

 


イエス様の後を歩む私たちが、混乱の嵐の中を、神のみことばを悟る恵みによって、日々乗り越えてゆけますように。

 


尊きイエス・キリストの御名によって、お祈りいたします。

 


amen (^^)

 

 

 

 

f:id:cornelius1732:20161109194534j:image