Daily Scripture Reading

聖書(新改訳)を読んでます

燃える蛇

モーセが荒野で蛇を上げたように、人の子もまた上げられなければなりません。(ヨハネ3:14)

 


モーセイスラエルの民が荒野を旅していたときに、ある出来事が起こりました。

 


民は神とモーセに逆らって言った。「なぜ、あなたがたは私たちをエジプトから連れ上って、この荒野で死なせようとするのか。パンもなく、水もない。私たちはこのみじめな食物に飽き飽きした。」(民数記21:5)

 


神の民たちは罪から離れることができず、このときも不平不満を口にして、騒ぎはじめました。

 


そこで主は民の中に燃える蛇を送られたので、蛇は民にかみつき、イスラエルの多くの人々が死んだ。(民数記21:6)

 


あわてて民は罪を告白して、助けを求めたのですが、そのときに神は不思議なことをおっしゃったのです。

 


すると、主はモーセに仰せられた。「あなたは燃える蛇を作り、それを旗ざおの上につけよ。すべてかまれた者は、それを仰ぎ見れば、生きる。」(民数記21:8)

 


モーセが造った青銅の蛇を見た人たちは、神のおっしゃるとおり、死なずにすみました。

 


罪は悪しき者を倒す。(箴言13:6)

 


罪の行き着く先には死(ローマ6:21)があって、だれも生きることができません。毒が回って死んでしまいます。

 


しかし、十字架についてくださったイエス様を見上げて受け入れるとき、そこに生きる道が開かれてゆくのです。

 


主はそのしもべのたましいを贖い出される。主に身を避ける者は、だれも罪に定められない。 (‭詩篇‬ ‭34‬:‭22‬)

 


エス様を信じる人たちは、イエス様にあって永遠のいのちを持つので、イエス様と一緒に生きる。(ヨハネ3:15)

 


私たちの生活の中には罪があり、ときどき燃える蛇のようにかみつきます。しかし、そのときに罪を告白して、十字架についてくださったイエス様を仰ぎ見るなら、そこに生きる道が開かれる恵みがあります。(第一ヨハネ1:9)

 


私たちの旅が、いのちの主であるイエス様を信じ続けて、いのちの道を歩む旅になりますように。

 


エス様を仰ぎ見て、いのちに満ちあふれる 毎日になりますように。

 


イエス・キリストの御名によって、お祈りいたします。

 


amen (^^)

 

 

f:id:cornelius1732:20170912203516j:image